ニキビケアに化粧品を活用

一般的な化粧品ではなく、ニキビケア専用の化粧品を使うことで厄介なニキビ跡を消す事が出来るのをご存知ですか。ニキビケア専用の化粧水は、肌に与えるダメージが小さいため、新しいニキビの発生を抑える事が出来るほか、今出来てしまっているニキビやニキビ跡を改善する事が可能です。但し、即効性は期待出来ませんので、日常的に使い続けることが大切となります。

ニキビケアに使える!おすすめのファンデーションの探し方ベスト3

ファンデーション
no.1

メイクは重ね塗りをしない事

ニキビが気になるからと言って、ファンデーションをしないのはおすすめ出来ません。すっぴんの状態でいると、紫外線が肌に直接当たりますので余計肌荒れを引き起こす可能性があります。色々なアイテムを重ね塗りしない限りは問題ありませんので、ニキビに合ったファンデーションを使うようにしましょう。

no.2

油分の少ないものを選ぶ事

ニキビの原因菌とも言われているアクネ菌は、油を栄養として増殖するため、ファンデーションを選ぶ際には油分の少ないものを選びましょう。リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションよりも、パウダータイプのファンデーションやルースパウダーのほうがおすすめです。

no.3

低刺激のものを選ぶ事

ニキビ肌で悩んでいる人は、低刺激のファンデーションがおすすめです。クレンジング剤を使わなくても簡単に落とすことが出来るルースタイプやパウダータイプのファンデーションであれば、肌に大きな負担を掛けることもありませんので、購入前に必ず成分をチェックしましょう。

ビーグレンはニキビケアにも効果的な化粧品

ビーグレンは、古い角質や余計な皮脂などを毛穴の外に出して、すすぎ洗いでサッパリと洗い流す事が出来るため、ニキビ跡でも負担を掛ける事無く洗い流す事が出来ます。また、グリチルリチン酸ジカリウムやヒアルロン酸などの、4種類の美容成分が配合されていますので、肌に必要な皮脂はしっかりと残して、余分なものだけを洗い流してくれますので大変おすすめです。

ニキビケアを意識したスキンケアの流れ

ウーマン

オイルクレンジングは避ける

オイルクレンジングは、アクネ菌が増殖しやすいので避けましょう。

洗顔石鹸を使ったほうが良い

洗顔は、合成界面活性剤の使われていない洗顔石鹸を使いましょう。

配合成分にこだわろう

植物由来の有効成分グリチルリチン酸は、炎症を抑える効果が期待出来ます。

乳液もしっかりと使おう

乳液の適度な油分もニキビケアには大切です。水溶性の乳液を使うようにしましょう。

薬用タイプのクリームを使おう

殺菌作用や抗炎症作用などの有効成分が入ったクリームを使いましょう。

ニキビケアに使える化粧品は探せばたくさんある!

化粧水

ビタミンc誘導体配合の化粧品の効能

ビタミンc誘導体は、ニキビやニキビ跡の改善のために皮膚科でも使われている有効成分です。抗酸化作用が高くてアンチエイジングや美白効果も期待出来ることから、ニキビが気になる人以外にも人気があります。肌のターンオーバーを促進したり、メラニン色素の生成を抑制したりする効果がある事から、炎症が残っているニキビや色素沈着・クレーターが出来てしまっているニキビ跡にも効果が期待出来ます。